« ようやく春?夏? | トップページ | ウミネコ繁殖地 »

2010年5月 5日 (水)

きょうはセンダイムシクイ

 昨日の夕方にキビタキとオオルリにとっても近くで出会えたものだから、今朝は早起きしてもう一度同じところに行って見ました。

 でも、きょうの主役はなんと言ってもセンダイムシクイ。どこへ行ってもチョチョビーと賑やかでした。なかでもこの子は、何度も何度も私の近く(と言っても5mは最低あったけど)にやってきて、いろんな姿を見せてくれました。

Img_0665s

Img_0678s

Img_0687s

 もちろん、オオルリもキビタキもいましたよ。夕方に比べれば全体的に賑やか。でも、キビタキはなかなか近くで見ることはできませんでした。
 オオルリは結構近かった。昨日と全く同じ場所だったので、同じフレンドリーな個体かもしれません。(ちなみに、きのうは近くにメスも飛び回っていました)。

Img_0647s

Img_0664s

<メモ>
昨日夕方に見たときに、鳥とのキョリが近かった理由を想像してみました。

①夜を控えて、最後の食事に忙しかった。
②メスが近くにいて、そちらに夢中だった。
③一日の最後で、鳥がもう疲れていた。

私は①が近いような気がしています。が②も少しはあるのかな。

ちなみに今朝のオオルリは基本的には、さえずりはまだですが高いところにいる個体が多かったようです。キビタキも同じ。囀らないけど高いところで鳴いていました。
近くで見るには、夕方が良い。なんて法則はあるでしょうか。

|

« ようやく春?夏? | トップページ | ウミネコ繁殖地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ようやく春?夏? | トップページ | ウミネコ繁殖地 »