« ダイゼン | トップページ | ペア作り »

2011年3月29日 (火)

ミヤコドリ

かつて古文の時間に覚えたのは、都鳥とは京の街まで川を上ってくるユリカモメのことだという知識だった。

今、東京で見るミヤコドリは、くちばしがオレンジ色で白黒の意匠が派手なこの鳥。
もちろん東京で見なくても、ミヤコドリはこの鳥。

Img_2272b

Img_2282b

なぜ、これがミヤコドリなのだろう。
私の胆には、まだきちんと落ち着いていない。

|

« ダイゼン | トップページ | ペア作り »

コメント

 こんにちは、お久しぶりです。ミヤコドリはこちらにもちょっといますが、飛翔の姿はユリカモメに似ていますよね。浜辺などで黒頭巾に白という似ている姿だから名前も交錯しているものだと、勝手に思っていましたが。

投稿: birrrd | 2011年5月 4日 (水) 10:35

birrrdさん

こんばんは。

名前の由来については、私も本文で書いた以上のことはわかりません。
ただ、そのときの先生が言っていたことに対して、京都の鴨川あたりの上を飛び回るユリカモメの姿を思い出してガッテンしたのを覚えています。

ちなみに私は、この本物のミヤコドリは、三番瀬以外で見たことがありません。

投稿: みつわ | 2011年5月 4日 (水) 22:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイゼン | トップページ | ペア作り »